廃車や買取の必要書類

廃車や買取の場合の必要書類

現在乗っている車を買い替えたり、処分したりする場合には、いくつかの方法があります。
ひとつは廃車にする方法で、もうひとつは中古業者やディーラーに買取をしてもらう方法です。廃車や買取の方法において、必要書類があります。

まず、廃車にする場合、手続きの種類によって必要な書類はかわります。
廃車手続きは、永久抹消登録、一時抹消登録、解体届の3種類があります。
永久抹消登録をする場合には、代理店などお店でやってもらう場合と、自分で行う場合があり、お店でやってもらう場合には印鑑証明書、所有者の委任状、車検証、2枚のナンバープレート、移動報告番号と解体報告記録がされた日のメモが必要です。このメモは、リサイクル券に記載がされている移動報告番号が必要です。また、車検が1か月以上残っている場合には重量税の還付があります。
また、自分で手続きを行う場合には、印鑑証明書、所有者の委任状、車検証、2枚のナンバープレート、移動報告番号と解体報告記録のメモ、手数料納付書、永久抹消登録申請書、自動車税と自動車取得税の申告書が必要です。

また、一時抹消にする場合、お店に依頼をする場合には、印鑑証明書、委任状、車検証、ナンバープレートが必要となります。
自分で行う場合には、所有者の印鑑証明書、所有者の委任状、車検証、ナンバープレート、手数料納付書、一時抹消登録申請書
、自動車税・自動車取得税申告書が必要となります。

そして解体届をする場合には、お店などで依頼する場合には、所有者の委任状、登録識別情報等通知書、一時抹消登録証明書、移動報告番号と解体報告記録がなされた日のメモ書きが必要です。
自分で行う場合には、所有者の委任状、登録識別情報等通知書、もしくは一時抹消登録証明書、移動報告番号と解体報告記録がなされた日のメモ書き、手数料納付書、永久抹消登録申請書、及び解体届出書、代理人(窓口へ出向いた方)の印鑑が必要です。

また、廃車ではなく、買取を依頼する場合には、車検証、印鑑登録証明書、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、実印、振り込みの口座が必要です。買取業者に依頼をする場合には譲渡証明書と委任状を店舗が用意してくれます。
なお、買取は今乗っている車を売って現金を受け取ることで、下取りとは今乗っている車を差し出すかわりに、そこの店で新しい車を買い、その購入費用から買い取り価格分を差し引いてもらうという方法です。中古車だけを扱う販売店もあります。”

  • 廃車を買取に出すときには仕訳の中にリサイクル料が 車を定期的に買い替えるという方が多くなってきていますが、その流れは非常に良いのではないでしょうか。やはり、性能が悪くなってしまうと、維持費などにも影響が出てきてしまいます …

    廃車を買取に出すとリサイクル料が発生