廃車と買取、登録抹消の比較

廃車と買取の比較:登録抹消


不要になった車両の処分で悩んでいる人は、廃車に出すときの手続きについて一通り知っておくと良いでしょう。車両を廃車に出すときには、車両自体は解体業者やディーラー、中古車販売業者などの業者に持ち込みます。車両の解体費用は業者によっても異なりますが、一般的に2万円程度は必要になると考えておいたほうが良いでしょう。一方、廃車に出したときには、運輸支局や軽自動車検査協会などに登録抹消の手続きを行う必要があります。これはディーラーや中古車販売業者に依頼することもできますが、別途書類作成費用として1万円近くかかることがほとんどですので、注意しましょう。また、解体業者は基本的にこの手続きは代行してくれませんが、依頼できるところでもやはり同じくらい費用がかかることがほとんどです。自分で書類を作成して運輸支局や軽自動車検査協会などに持ち込むこともできますが、手続きが煩雑ですので時間や手間がかかり、やはりあまりお勧めはできません。

このような場合には、車両を廃車に出す前に、買取業者への引渡しも検討してみることをお勧めします。買い取り業者の中には、廃車に出すしかないような動かない車や年式が古い車でも積極的に買い取ってくれる業者がいますし、車両としては転売できない場合でも、パーツや部品として買取対象となることがありますので、廃車に出すときの費用負担が軽減されます。もちろん、この場合でも抹消手続きは不要で、名義変更をして一旦業者に名義を移した後での処分となりますので、自分で書類作成をしたり、費用を負担する必要がありません。

近くの業者は買い取ってくれないという場合には、一括見積りサービスを利用して、遠方から旅費業者負担で見積りに来てくれるところを探してみるのも良いでしょう。こういった業者は探せば全国に無数にあり、比較サイトなどを見ると、実際に利用した人の体験談なども多数寄せられていますので、面識のない業者でも安心して利用することができます。一括見積りでは、簡単な情報を入力するだけで、買取を検討している業者から連絡が来ますので、金額条件の良さそうなところに直接車を見に来てもらい、最終的な価格を聞きます。この段階でキャンセルすることも可能ですし、そのまま契約を締結することもでき、その際に書類関係の手続きも代行してもらえますので、廃車のために自分が動き回るというケースよりもかなり簡単に車両を処分できます。”