保険金の比較

保険金の手続きに関する廃車と買取比較

不要になった車両を処分するとき、その処分方法によって必要になる費用や自分自身の負担にかなりの違いが生じてきます。例えば、自賠責保険や任意保険に加入している車両を廃車に出すとき、期間がまだ残っていれば、加入期間に応じて保険金の返戻を受けることができますが、これらの手続きは自分で申請をしなければ現金が戻ってきません。自賠責と任意保険で別々に手続きをとる必要がありますし、将来的にまた車を購入する予定がある場合には、中断証明なども取っておく必要があります。

また、廃車の場合には車両を解体業者やディーラー、中古車販売業者などの引き取ってくれるところに持ち込んだり、登録抹消の手続きを陸運局などの自治体に出向いて行わなければなりませんので、非常に面倒です。これらの手続きを代行してもらうこともできますが、それぞれに手数料がかかりますので、費用の負担も相当なものです。

したがって、車両を廃車に出すという処分方法は、最終的な手段として検討することをお勧めします。基本的に費用がかかるばかりですし、手続きも煩雑で、あまりメリットがありません。それよりは、買取業者を探して自分の車を引き取ってもらう方向で動く方がおすすめです。近くの業者からは買取を拒否されたという場合でも、遠方の業者であれば、部品やパーツとして引き取ってくれる可能性がありますし、まだ正常に走行できる車両であれば、いくらかの現金に替えてもらえる可能性もあります。パーツとして買い取ってくれる業者であれば、廃車にかかる費用からこれらの買取金額を差し引いてくれますので、費用負担もかなり少なくなりますし、面倒な手続きは一切行ってくれますので安心です。

保険金の払い戻し申請についても、廃車にするときには自分で全て行う必要がありますが、買取の場合には査定額に返戻金の予定額をプラスして見積もってくれますので、面倒な手続を自分でする必要もなく、還付金相当額を受け取ることができます。また、車両の持ち込みは不要で、旅費業者負担で査定にきたり車両を引き取ってくれますし、名義変更手続きも代行してくれますので安心です。近くに業者がいない場合には、一括見積りサービスを利用すると、買取希望の業者で対応可能なところから連絡が一括で入ってきますので、業者の比較もできますし、保管場所まで見積りに来てくれますので安心です。廃車に出す前に、一度申し込んでみると良いでしょう。”