廃車や自動車買取の補助金

廃車や自動車買取を利用すれば補助金が得られる


古い自動車を廃車処分にしたいと考えた場合、廃車費用が無料の業者を選びたいと誰もが考えます。自動車は保持しているだけで税金や維持費がかなりかかってしまうことから、せめて処分時くらいは負担を減らしたいという認識を誰もが持っているからです。

自動車を廃車処分する場合や中古車買取業者に売却する際に覚えておきたいこととして、自動車を手放すだけで得られる補助金が存在しているといった点が上げられます。個人が所有している古い自動車の廃車や買い替えを促すため、少しでも消費者負担を減らし新車への買い換えを実現させるための補助制度がスクラップインセンティブです。日本の場合初年度登録から13年以上経過した自動車を永久抹消、つまり完全に廃車にすることで現金が国から支給されるといった制度だと認識しておけばいいでしょう。

中古車買取店などに保有していた車を売り、クリーンエネルギーを搭載した最新式の自動車に買い換えるという場合にも、確実にもらえるとは言えませんが補助金が支給されることがあります。ハイブリットカーからハイブリットカーへの乗り換えなどには適応されない制度だと言えますが、排出ガスの排出量が多い車や燃費性能があまり良くない車などから低燃費でクリーンな走行を行う車に買い替えを行った際には得られる可能性が高いと言えます。

そのような補助制度をあまりよく知らないといった方は、自動車メーカーではなく自動車の処分を依頼する廃車作業請け負い業者や中古車買取業者などに補助の存在の有無を確認してみるといいでしょう。業者側としてもより多くの顧客を獲得するために補助制度を十分活用すべく専門知識を蓄えていると言えますし、面倒な補助金申請手続きを無料で代行してくれるといった業者も少なからず存在していますので、自動車の廃車依頼を出す際や中古車買取査定を受ける際などに合わせて確認しておくべきだと言えます。
廃車にして買い替えを行わない場合であっても、金額にして5万円から10万円程度の補助が受けられるといった場合が多いため、自動車を廃車処分するときには必ず自身の保有している自動車が補助対象になっているか否かを調べておくべきだとも言えます。

年式や排出ガスの量は車検証を見ればすぐにわかりますので、そのデータを元に廃車をお願いする業者や中古車買取を依頼する業者に電話かメールで問い合わせるという方法が一番無難で簡単な確認方法だと言えるでしょう。”