返還金の比較

廃車と買取、返還金の比較

不要になった車両を処分するときには、大きく分けて下取りに出すか、廃車にするか、買取業者に出すという三つの方法があります。このうち、下取りは新車購入をするときにしか使えない方法ですので特殊ですが、廃車に出すとなると費用が発生してしまいますので注意が必要です。

車両を廃車に出すときには、解体業者やディーラー、中古車販売業者に支払う処分費用が発生しますし、登録を抹消するための手続きを運輸支局や軽自動車検査協会などに自分で出向いて行うか、これらの手続きを代行してもらう必要があります。代行してもらった場合には別途書類作成手数料が必要になりますので、廃車に出すだけでもかなりの費用負担になります。一方、車両を廃車にすることで受け取れる返還金としては、任意保険や自賠責保険の期間が残っている場合の返戻金が考えられますが、こちらも自分で手続きをしなければ戻ってきませんので、全体的にかなり手続き面でも費用面でも負担が発生することは誰しも想像がつくでしょう。

一方、不要になった車両を買取業者に引き取ってもらった場合には、当然処分費用は発生せず、買取費用として業者側から現金を受け取ることができます。動かなくなった車両でも、パーツや部品などで価値があるものが残っていれば、そちらを買取対象としてくれますので、処分費用からこれらの金額を値引きして、無料に近い価格で処分ができるといったケースも珍しくありません。また、買い取ってもらう場合には、登録抹消ではなく名義変更の手続きが必要になりますが、こちらは業者が無料で代行してくれるケースがほとんどですので自分では負担がなく、気軽に手続きができます。保険金についても、車両の名義を移した後で業者が還付申請を行うのが一般的ですが、返戻金相当額は車両の見積額に含まれていますので、実際には還付請求手続きをせずに保険金を受け取ることができていることになります。

このように、同じ車両の処分でも、廃車と買取では受け取ることができる金額、費用や手続きに関する負担が全く異なってきます。どこでも引き取ってもらえない車両の場合には廃車もやむなしですが、近くの業者に断られただけでは諦めず、一括見積りサービスや不動車を引き取っている業者を探すなど、安く車両を処分できる方法を探して挑戦してみた方がよいでしょう。今ではこういった検索も無料で行えるところがたくさんありますので、簡単に探せます。”